• ホーム
  • オーラルセックスで感染する性器ヘルペスとクラミジア

オーラルセックスで感染する性器ヘルペスとクラミジア

オーラルセックスとは唇や舌を使って相手の性器を刺激し、愛撫する性行為の一つです。
通常の性行為(セックス)で性器ヘルペスやクラミジアに感染する事は広く知られてきていますが、オーラルセックスでも感染する事はあまり知られていません。
オーラルセックスでの感染には性器から口腔内に感染する場合と、口腔内から性器へ感染する場合の二つのパターンがあります。
特徴として性器ヘルペスは性器や口腔内・唇に水疱ができ、痛みを伴って症状が治まってもウイルスは体内に潜伏し再発を繰り返します。

一方クラミジアは男性の場合尿道炎を発症し、女性の場合は子宮頸管炎を引き起こします。
特にクラミジアに関しては口腔内で感染している場合は性器への感染に比べて自覚症状が少ないので感染している事に気づかず、他に性交渉の相手がいる場合、最悪不特定多数の相手に感染させてしまう危険性が高くなります。
また通常の性行為であれば避妊のためにコンドームを着けるという意識から、結果的に性器ヘルペスやクラミジアへの感染リスクを減らす事ができます。
オーラルセックスでは通常の性行為とは違い、避妊の心配はないのでコンドームを着用する人はごくわずかと言えるでしょう。
そういった観点からするとオーラルセックスが原因での性器ヘルペスやクラミジアに対する感染リスクは通常の性行為よりも高くなるとも言えます。

昨今においてオーラルセックスはごく一般的な性行為の一つであり、性感染への危機感をもたず安易に行う傾向にある行為です。
それだけにオーラルセックスを通じての性感染症は男性女性共に年々増えています。
だからこそ性器ヘルペスやクラミジアといった性感染症はオーラルセックスでもなり得る可能性が大いにある事を理解しましょう。
そして、病院や保健所などで定期的に検査を受けたり、コンドームを着用した上で行うなど、パートナーへの最大限の思いやりをもって対応するのが最も望ましいと言えるでしょう。

淋病と梅毒の可能性もある

オーラルセックスが原因での性感染は性器ヘルペスやクラミジアだけではありません。
性器や口腔内に異常を感じて病院に行くと淋病や梅毒だった、という可能性もあります。
性器ヘルペスやクラミジアと違い、淋病や梅毒と聞くとより深刻な病気だというイメージをもつ人も多いでしょうか。
放置しておくと死に繋がる可能性もある病気ではありますが、早期治療すればほぼ確実に治ると言われていますし特徴的な症状も出やすい事から早期発見しやすい感染症でもあります。

どうしても性感染症に感染したといった自覚があると、誰かに知られるのは困る、恥ずかしいから病院に行くのは抵抗があるといった理由から治療せずに放置し先延ばしにしてしまいたくなる人もいるかもしれません。
しかし感染拡大させないためにも、そして症状を悪化させないためにも違和感を感じたらすぐに病院へ行きましょう。
また現在感染していない人も安心するのは禁物です。
通常の性行為なら感染するかもしれないけれどオーラルセックスなら大丈夫、という安易な判断はせずにどんな形であれ、性行為を行う場合は性感染のリスクがあるという可能性を理解しましょう。
コンドームの着用や時にはオーラルセックスを断る勇気も必要です。

中にはパートナーから理解を得られない場合もあるかもしれませんが、きちんと理由を説明した上で思いやりがある相手であれば理解をしてもらえるはずです。
それでも自ら切り出すのはやはり抵抗がある、という事であれば病院や保健所での定期的な検査で自己防衛だけはしておくのが得策です。
パートナー同士で愛情を確かめ、深め合うためにもオーラルセックスは大切なスキンシップと言えます。
だからこそオーラルセックスでも性感染のリスクがある事を理解した上で、お互い安心して行為に臨みたいものです。