• ホーム
  • カビに効果的な成分ケトコナゾール

カビに効果的な成分ケトコナゾール

世の中には水虫やカンジダ症、脂漏性皮膚炎など、カビが原因となって起きる病気がたくさんあります。
ケトコナゾールは、これらの病気を効果的に治療してくれる成分です。

カンジダ症の原因となっているのはカンジダ菌であり、水虫や爪水虫の原因となっているのは白癬菌です。
また、脂漏性皮膚炎には皮膚に常在している細菌であるマラセチア菌が関係しているとされています。
これらの菌類をまとめて真菌類と言います。

ケトコナゾールはイミダゾール系の抗真菌薬で、真菌類が細胞膜を合成する働きを妨げることで抗真菌作用を示します。
有効成分としてケトコナゾールが配合されている薬にはいくつかの種類があり、クリームタイプのものやローションタイプのもの、スプレータイプのものなど様々な製品が販売されています。
しかし、内服薬として使用されることはあまりありません。

ケトコナゾールは幅広い抗真菌スペクトラムを持っているので、カビが原因となって起きる様々な病気の治療に使うことができます。
主な適応症としては、白癬菌が原因となっている水虫や爪水虫・いんきんたむし、カンジダ菌が原因となっている皮膚カンジダ症や性器カンジダ症、マラセチア菌が原因となっている脂漏性皮膚炎や癜風などをあげることができます。

ケトコナゾールでこれらの病気を治療する場合には、1日に1回~2回患部に薬剤を直接塗ります。
白癬やカンジダ症・癜風の治療に使う場合には通常1日に1回、脂漏性皮膚炎の治療に使う場合には通常1日に2回の使用となっています。
いずれの場合も1回の使用量を守る必要があり、多く塗り過ぎてはいけません。
また、目には使用できないため、目に入った場合にはすぐに水で洗い流す必要があります。

ケトコナゾールを配合している薬は外用薬が主であるため、副作用はあまりありません。
しかし、人によっては発疹や発赤などの皮膚症状が起きることがあります。
皮膚が弱い人ではかぶれや疼痛などを起こすこともあります。
また、使用したときに若干ヒリヒリするなどの刺激感を感じる人もいます。

クロトリマゾールを有効成分に持つエンベシド

カビが原因の病気に効果的な薬は、ケトコナゾールのほかにもいくつかあります。
その一つがクロトリマゾールです。
ケトコナゾールはイミダゾール系の抗真菌薬ですが、クロトリマゾールはアゾール系の抗真菌薬で、エンベシドクリームやエンベシドトローチなどの有効成分となっています。

エンベシドは、軟膏タイプとクリームタイプ、外用液タイプという3種類の塗り薬が販売されています。
また、カンジダ膣炎の治療には腟錠が、口腔カンジダ症の治療にはトローチが使われることもあります。
有効成分であるクロトリマゾールは、真菌の細胞膜や核膜に作用して、その働きを阻害することで抗真菌作用を示します。

クロトリマゾールもカビが原因となっている様々な病気の治療に使われる薬です。
主な適応症としては、白癬菌が原因となっている水虫やぜにたむし・いんきんたむし、カンジダ菌が原因となっているカンジダ症、マラセチア菌が原因となっている癜風などに使用されます。

クロトリマゾールの使用方法は、薬のタイプや病気の種類によって異なります。
水虫やたむし、皮膚カンジダ症・性器カンジダ症、癜風の治療に使う場合には、通常1日に2回~3回軟膏やクリームなどを直接患部に塗布します。
カンジダ膣炎の治療に膣錠を使う場合には、通常1日に1回1錠ずつを6日間膣内に挿入して使用します。
また、口腔カンジダ症の治療にトローチを使う場合には、1日に5回1錠ずつを7日間口腔内に用います。
膣錠やトローチは、症状によっては使用を延長できることもあります。

クロトリマゾールの副作用は、外用薬タイプのものとトローチとで違います。
塗り薬や膣錠には副作用はあまりありませんが、人によっては発疹や発赤・かゆみなどの症状が出ることがあります。
また、使用時に刺激感を感じる人もいます。
トローチタイプのものでは、吐き気や腹痛、口の渇きなどの副作用が出ることがあります。