• ホーム
  • クラビットはクラミジアに効果があるのか?

クラビットはクラミジアに効果があるのか?

性交をしたときや排尿時などになんとなく痛みが感じる・おりものの量が増えた・性器に違和感や痒みがある、そんな微妙な症状を感じるか、場合によっては初期段階ではほとんど症状が現れない、それがクラミジアの特徴です。
そのため、自身が感染していることを知らずにまた違った相手と性交してしまうことも多く、日本で一番感染者の数が多い性病なのです。

初期段階では症状はないものの、クラミジア・トラコマチスという細菌が原因となるため適切な治療を行わなければ治ることはありません。
そんなときにおすすめなのが、殺菌作用を持つ薬、クラビットなのです。

クラビットはニューキノロン系の抗菌剤の代表的な薬です。
主成分はレボフロキサシン水和物です。
レボフロキサシンの殺菌作用は幅広く、淋病治療にも効果的です。
淋病以外にも、皮膚感染症や呼吸器感染症・婦人科感染症・耳鼻科感染症などにも処方されます。
細菌が増えていくにはタンパク質の合成が必要であり、そのためにはDNAが必要不可欠なのですが、ニューキノロン系はDNA複製に必要な酵素を阻害することで増殖を防いでくれるのです。

副作用が少ないことでもクラビットは使いやすいのですが、めまいや頭痛・吐き気・嘔吐・下痢・腹痛などの症状が報告されてはいます。
アナフィラキシーやけいれん・黄疸といった重篤な副作用も稀に起こることもあるため服用方法には注意して利用しましょう。

クラビットの服用方法ですが、通常は成人の場合、1回2錠を1日1回服用することになります。
ただ、感染症の種類や症状によって変わってくるため、医師が処方したものを指示された方法で使用するようにしましょう。
何らかの副作用が現れた場合には、早めに病院に行き診てもらってください。

クラミジア感染者の数はすでに100万人はいると言われています。
日頃からおりものの様子などを観察しておき、もしかしてと思ったら早めに検査して治療を行うようにしましょう。

クラビットのジェネリックレボクイン

微妙な症状のクラミジアですから、もしも病院に行って違ってたらと思うと行きづらいという方も多いでしょう。
性感染症に対するマイナスイメージもありますし、下半身を医師に見せることへの抵抗もあります。

ただ、最近では検査キットを自宅に匿名で取寄せるという方法もあります。
それなら人目を気にせず行えます。
更に、もしも感染していた場合に医師に見せてクラビットを処方してもらうのが恥ずかしいというなら海外で流通しているジェネリック医薬品を個人輸入で取寄せるという方法もあります。
おすすめはレボクインです。ジェネリック医薬品のため有効成分は同じくレボフロキサシンです。
同じ効果効能があり、クラミジアや淋病の細菌を殺菌することができます。

海外からの輸入とはいえ、個人輸入代行業者を使えば面倒な手続きはすべて代行してもらえます。
信頼できる業者を選ぶことだけ気をつければ、ネットショッピングをする感覚で手軽にレボクインを手に入れられるのです。
処方箋もいりません。
診察料や病院に行くまでの交通費も節約できますし、レボクイン自体がジェネリック医薬品のため安くて、かなりお得なのです。
ジェネリック医薬品は薬を開発するまでの期間や費用・宣伝販売費などがかからない分、新薬よりも安くなるのです。

ただし、何かトラブルがあっても個人で取寄せている以上は自己責任です。
レボクインは日本では認可されていないため日本の法律も守ってくれません。
比較的副作用も少なく、安心安全に使えると評判のクラビットのジェネリックではあるものの、用法用量を守り正しく使うことを心がけましょう。
妊婦さんや授乳中の方、他にも常用している薬がある方などは、事前に医師に相談してから使用した方がよいです。