• ホーム
  • バルトレックスとゾビラックスを比較

バルトレックスとゾビラックスを比較

患者を診ている医者

ヘルペス治療薬として知られ代表的に処方されているものがバルトレックスとゾビラックスの2つです。
2つとも単純ヘルペスウイルスの増殖を抑えることを目的としており、実のところ同じ効果がある抗ウイルス薬です。
どちらを選ぶかは、治療方針や費用によって決めることになります。

バルトレックスとゾビラックスを比較すると含まれる成分と価格に違いがあります。
バルトレックスは有効成分に「バラシクロビル」が含まれており、ゾビラックスは有効成分に「アシクロビル」が含まれています。
先に登場したのはゾビラックスであり、バルトレックスはゾビラックスの欠点を補った内服する抗ウイルス薬です。
このためゾビラックスはヘルペスウイルスに対する治療薬としては第一世代、バルトレックスは第二世代に分類されています。

バルトレックスにしてもゾビラックスにしてもヘルペスウイルスに対しては、アシクロビルが作用しています。
アシクロビルにはヘルペスウイルスの増殖を防ぐ効果があります。
ゾビラックスはアシクロビルを直接投与するものですが、ヘルペスの症状が出てから治療を目的として内服する場合には吸収率が悪く服用回数が1日5回もあり、患者にとって負担の大きなものです。
そのような問題を解決したのがバルトレックスに含まれるバラシクロビルです。
バラシクロビルは体内に取り込まれると肝臓で代謝されアシクロビルが作られるというものであり、吸収率が改善されており服用回数も1日2回に減っており患者への負担が減っています。
またバルトレックスは、性器ヘルペス再発を抑制する薬としても認められており、その場合には1日1回の服用で済みます。

このため内服薬としては第二世代のバルトレックスが使われ、また性器ヘルペス再発の抑制薬としても使われています。
一方で第一世代のゾビラックスが使用されなくなっているかというと、そうではなく外用薬や注射剤として直接ヘルペスが発症した患部に対して使われています。
また肝臓で代謝する必要がないため小児への性器ヘルペスの内服薬としても使われています。

値段で比較すると国内の病院で処方される場合にはゾビラックスは1錠あたり221.8円であるのに対してバルトレックスは1錠あたり405.6円となっています。
単体の値段ではゾビラックスが安いですが服用回数から内服薬としてはバルトレックスの方が安くなります。

ヘルペスの治療薬の購入方法

バルトレックスやゾビラックスは、ヘルペスの治療の中でも性器ヘルペスのような重たい症状に対して使われるものです。
このため日本国内ではドラッグストアなどでバルトレックスやゾビラックスを手に入れることはできません。
また市販のヘルペス治療薬は症状が軽い再発性の口唇ヘルペスのみです。
このため国内でバルトレックスやゾビラックスを手に入れる方法としては病院で処方してもらうしかありません。

一方で個人輸入で海外からバルトレックスやゾビラックスを手に入れることは可能です。
この場合はインターネット上にある医薬品を扱う通販サイトから簡単に購入することができます。
ゾビラックスを内服する場合は回数が多いためあまり効率的ではありませんし、なによりも性器ヘルペスの再発を抑制する効果は期待できません。
代わりに塗り薬であれば患部に塗布することで症状を緩和することができます。
購入するのであればバルトレックスで、発症後の治療薬として使うことができますし性器ヘルペスの再発を抑制する薬としても使うことができます。
このためバルトレックスを常備薬として用意しておけばヘルペスの症状を悪化させる前に薬で押さえ込むことができます。

価格面ではバルトレックスもゾビラックスも個人輸入であれば国内で処方される価格とそれほど変わらないので病院で治療するよりも費用は割高になります。
しかし、病院に行けば初診料や検査料がかかりますし、何よりも待ち時間もかかります。
価格面でのメリットはありませんが、個人輸入の方が手軽に手に入れることが可能です。
また海外で販売されている抗ウイルス薬にはジェネリック医薬品も多く販売されています。
国内でもジェネリックがありますが、海外で販売されるジェネリックはより安価で、半分から4分の1程度まで薬代を軽減することができます。

人気記事一覧