• ホーム
  • バルトレックス副作用まとめ

バルトレックス副作用まとめ

落ち込む男性

薬を服用する時に誰でも気になるのが副作用になるのですが、薬には効果だけではなく副作用があります。
バルトレックスを服用すると24時間で87パーセントから97%の医薬成分を尿や便利として排泄されて腎臓や肝臓などの主要な臓器に蓄積される事がないので副作用は少ない方です。

さらに重篤な副作用も発症のリスクも低くあります。
あるとしたら、下痢や吐き気などの胃腸症状、発疹などの皮膚症状、食欲不振、発熱や痒みめまいや頭痛、眠気です。
ただし、過量になると意識障害や精神変調を起こしやすくなります。
特に元々腎臓の働きが落ちている人や高齢者などは注意が必要になります。
バルトレックスは肝臓や腎臓、小腸で活性化されますので、体質によっては、急性膵炎などがあらわれる事が稀にあります。

重篤な副作用としては以下の症状があげられます。

  • 急性腎不全
  • 妄想
  • 息苦しい
  • もうろう状態、意識が薄れる
  • けいれん
  • 興奮状態
  • 全身発疹、蕁麻疹
  • 顔や喉の腫れ
  • アナフィラキシーショック
  • 皮膚出血、鼻血
  • 間質性肺炎
  • 水ぶくれ
  • 皮が剥ける
  • 呼吸抑制など

自動車や自転車の運転、危険を伴う機械の操縦をする方は副作用として眠気がある場合には、事故に繋がる可能性があるので、眠気がある場合は運転を避けるようにします。
バルトレックスを服用してから肝臓に副作用が起きやすいのはバルトレックスの有効成分、バラシクロビルが肝臓で代謝されるからです。
肝臓の障害が疑われる副作用の症状としては、顔や身体の皮膚が黄身がかかったり、ふくらはぎに怠さがでたりします。

薬を飲んだ影響で肝臓の検査数値が基準値よりも高くなる可能性がでてきます。
しかし元々肝臓の機能が弱くてもさらに悪くなるという事はないとされています。

急性腎不全の自覚症状としては、身体が怠い、身体の浮腫み、疲れやすい、目が腫れぼったい、尿が出ない、尿量が少ないなるといった症状がある場合は、急性腎不全に陥っている可能性が高くあります。
発生率が1%未満であって頻度が不明なのですが、重篤な副作用として、アナフィラキシーショックがあって呼吸困難や血管浮腫が起こる事があります。
アナフィラキシーショックは持病のない方の発生率であって、持病がある方では発生率が高まる可能性も高まります。
腎臓障害のある方はや腎機能が低下している方、水痘症の患者、脱水を起こしやすい方、高齢者などが服用する場合には、水分補給が必要となります。

また、体内のアシクロビル量が増加した場合には、腎機能障害や精神神経の副作用が起こる危険性が高まります。
腎機能障害の障害を持っている方においては、他の疾病に比べて意識障害が起こりやすいのです。
バルトレックスの主成分であるバラシクロビルが活性代謝物のアシクロビルに変換された後に、排出されずに体内に残ってしまうからです。
薬剤による副作用の発生は個人差があり、人によって軽度、重度の度合いも変わってきます。

健康な人であっても副作用がでる場合もあるし、持病がある方や高齢者、妊婦や小さな子どもでは重大なものになる可能性もあります。
妊娠中もしくは妊娠の可能性がある女性の方は病気の危険性よりも治療した方がいい場合に服用するようにします。
現状、妊婦への安全性が未確認のため、服用は避けるのが第1です。
バルトレックスの主成分が体内で有効成分に変換されたアシクロビルが母乳に混ざってしまい影響するというデータがあります。
その為、出産後や授乳中の方は注意が必要です。
それと、子どもが服用する時にはバルトレックスは小児かどうかの判断基準は年齢だけでなく、体重になります。

一般的には40kg未満を小児としていて、それ以上は成人と同じ服用量になりますので、服用の容量を間違えないようにしないといけません。
バルトレックスは子どもでも服用できる薬で、子どもが飲む場合には、粉薬になります。
バルトレックスは安全な薬の一種である事には間違いがないようなのですが、やはり用法を間違えると重篤な副作用を引き起こします。
医師の指示に従って正しく服用をするようにします。
すると軽度な副作用から重篤な副作用まで防げる事ができるからです。

人気記事一覧