• ホーム
  • 代表的な治療薬バルトレックス

代表的な治療薬バルトレックス

薬を飲む男性

ヘルペスの薬はウイルスの増殖を抑える抗ウイルス薬で、早めに服用したら症状を最小限に抑えることができて治療の期間も縮めることができます。
その高い効果は臨床データで結果がでている治療薬です。
単純ヘルペスウイルス1型、単純ヘルペスウイルスII型、水痘のウイルスの増殖を抑えてくれます。
ヘルペスが発症してから早いタイミングで服用をする事でより効果的に作用します。
ヘルペスウイルスに対しての作用する薬なので、病原体の異なる他の病気には全く効果はありません。

バルトレックスとは、ヘルペスや帯状疱疹などに使われている治療薬になります。
最も少ない服用回数でヘルペスの治療を行うことのできる薬になります。
主成分は、塩酸バラシクロビルで、塩酸バラシクロビルは服用後、肝臓で代謝されるとアシクロビルに変換されます。
国内では2000年の10月から販売を開始されていて17年以上経過した今でもヘルペス治療薬として活躍されています。
性器、口唇ヘルペスの治療を始めとして帯状疱疹や水疱瘡にも使われ、ヘルペス関連で用いられる抗ウイルスの中では最も多くの適応症を持っています。

特に性器ヘルペスの発症抑制に関しては、保険適応による治療が認められているのが、バルトレックスだけになります。
しかし保険適応内でも一錠400円から500円以上する高価な薬で、ヘルペスの症状がでた時に病院に行くと保険は適用されます。
しかし、再発予防のために薬を処方してもらおうとすると、保険が適用されないので、一錠1,000円以上というお金がかかってしまいます。
再発抑制のための処方も再発頻度が目安として6回以上あるという決まりがあるため、再発予防としてはなかなか処方してもらえないです。

バルトレックスは、ヘルペスの病気に対する治療効果と、再発を予防する効果が期待できます。
性器ヘルペスや帯状疱疹、口唇ヘルペスにかかってしまった方が、バルトレックスを使用した90%の方にかなり良い効果がでているデータがあります。
バルトレックスには、ヘルペスウイルスを完全に根絶させる効果は無いのでたとえ治療をしたとしても、その後に再発するリスクがあります。

バルトレックスの服用期間は、5日間となっていて、薬の有効性を高めるためにもこの5日間は必ず忘れずに飲み続けることが大切です。
例えば医師の判断で服用期間の短縮をする事はあっても、自分の勝手な判断で服薬を中断することは絶対にしてはいけません。
5日間の服薬を続けても効果がない場合には別の治療法に変更したりするからになります。
ただし初めてヘルペスにかかった場合には、症状が重症化する可能性が高いので10日間服薬期間を延ばしたりすることもあります。
ヘルペスの長期化は身体や心への負担も大きく合併症などを招く危険性もあります。
バルトレックスの抗ウイルス薬を使って早く治療をするように心がけるようにすると良いです。

バルトレックスは、再発抑制療法を行うことによって、ヘルペスの再発を抑える効果があるのとパートナーへの感染を防ぐ効果を得ることができます。
再発抑制療法とは、毎日抗ウイルスを服用することによってヘルペスの再発を予防する治療法になります。
その他にも、性交パートナーへの感染リスクを低下させる効果もあります。
ヘルペスはたとえ症状がでていない時であっても性交を行うことでパートナーに感染させてしまうリスクもあります。

バルトレックスは強い薬になりますので、肝臓への代謝負担のため1回で服用するのは二錠までと決められています。
風邪やインフルエンザにかかっている方や、体調があまり良くない時には、できるだけ注意をする事が大切です。
医師の判断によるのですが、身体の調子が良くない場合や、肝臓の病気、免疫系の病気を持病として持っている方は、バルトレックスが飲めないこともでてきたりもします。

人気記事一覧
サイト内検索