• ホーム
  • 単純疱疹(ヘルペス)と帯状疱疹の違い

単純疱疹(ヘルペス)と帯状疱疹の違い

唇やその周りに水ぶくれのできる口唇ヘルペスと、小さな子供の病気というイメージの強い水疱瘡は、実は同じようにヘルペスウイルスが原因で起こる病気です。
どちらもウイルス性の感染症でありながら症状が異なるのはヘルペスウイルスの種類に違いがあるからです。

ヘルペスウイルスは地球上に160種類も存在します。
その160種類のうち人間に感染するものは8種類です。

ヘルペスウイルスは単純疱疹と帯状疱疹に大きく分けることができます。
帯状疱疹は水痘・帯状疱疹ウイルスが関係する病気です。
水疱瘡もここに含まれます。
というよりも、まず水疱瘡にかかり、それにより体内に入った水痘・帯状疱疹ウイルスが再発する形で発症するのが帯状疱疹なのです。
右半身か左半身に密集した形で痛みのある水ぶくれができるのですぐに分かります。
それがまるで着物の帯のようなことからこの名前がついているのです。

一方、口唇ヘルペスや性器ヘルペスは単純疱疹に含まれます。
単純ヘルペスウイルス1型が上半身に感染するという特徴を持つため口唇ヘルペスを発症させ、2型が下半身に感染するため性器ヘルペスを起こすのです。
こちらは何度も再発する病気です。
帯状疱疹と比べて症状がそれほどひどくないため、免疫が作られないままになるからです。
初感染時には高熱や痛み・激しい水ぶくれを伴うものの、それ以降はそれほどひどくならないはずです。
とはいえ、口元に水ぶくれがあったりすると見た目的にも良くはありません。
今後は免疫力が低下するたびに再発するでしょうから、初感染時に処方されたような薬を常備薬として持っておき、水ぶくれになる前の皮膚がピリピリとしたり痒みを感じたりといった段階で、すぐに使用するようにしましょう。

帯状疱疹は一度感染すると、その後は一生かからないといわれています。
できるだけ小さいうちに感染しておいた方が症状は軽めで済むので、感染者がいればそこに行って移してもらっておくとよいでしょう。

2つの発疹が似ている部分

ヘルペスと帯状疱疹、どちらもヘルペスウイルスが関係する病気だけに似ている部分もあります。
それぞれに、1型2型・帯状疱疹と発症する場所は異なるものの、どれも水ぶくれができます。
この水ぶくれの中にはヘルペスウイルスがたくさん入っています。
感染したくないというのであればこの水ぶくれには触れないようにすることが賢明です。

どちらもウイルスが原因の病気である以上は、放置しておいても症状が軽くなることはありません。
むしろ、ウイルスがどんどん増殖していって悪化していく一方なので、できるだけ早めに治療するようにしましょう。
特に単純疱疹の場合は、初感染時に高熱や痛みなど激しい症状になります。
水疱瘡も大人になって発症した場合には入院が必要となるほどに重症化することもあります。
性器ヘルペスなどは恥ずかしい気持ちも強いでしょうが、自身の身体を守るためにも早期治療を行いましょう。

似ている症状を持つこれらの病気、薬は同じもので大丈夫です。
病院ではゾビラックスやバルトレックス・ファムビルなどが処方されるでしょう。
いずれも抗ウイルス薬となっており、ウイルスの繁殖を防いでくれるのです。
ヘルペスウイルスは一度発症すると神経節の奥深くに入り込んでしまいます。
そのため完治させることは難しいのですが、症状を抑えることは可能です。

これらの薬は、個人輸入代行業者を通じてインターネットで手に入れることもできます。
単純疱疹であれば何度も再発します。
そのたびに薬を求めて病院に行くのは大変だ、というのであれば個人で薬をまとめ買いしておいて、症状が出たらすぐに使うようにしてもよいでしょう。
症状が軽く再発性の高い口唇ヘルペスの2回目以降の再発には市販の薬を使うこともできます。

人気記事一覧