• ホーム
  • 女性に多い疾患、性器カンジダ症

女性に多い疾患、性器カンジダ症

性器カンジダ症は女性に特に多い疾患です。
この性器カンジダ症とは女性に常在菌として体内に元々からいたカンジダ菌が風邪や疲労、ストレスなどの体調不良から増殖して痒みを発症したり、女性のおりものに異常を生じてしまう疾患をいい、体内でも膣粘膜に多く生息しています。
体内に元からいるので本来は善玉菌であり、人間の体は酸性なのでこの菌が増殖して身体に影響を与えることはありません。
しかし、ストレスや疲労、風邪などを発症すると体内バランスが崩れてしまうため、それまで酸性によって抑え込まれていた菌が簡単に増殖する原因となります。

このカンジダ菌は真菌というカビの一種であり、殆どが体内のホルモンバランスが崩れた場合に性器カンジダ症として発症します。
このホルモンバランスが崩れる原因は体調不良もありますが、女性の場合は妊娠というのが女性ホルモンに多大な影響を与えているので、妊娠初期に多い疾患でもあります。
どうして女性にこの性器カンジダ症が多いかというと、男性に比べて生理や妊娠などで男性よりもホルモンバランスが崩れやすいという点にあります。

またカンジダ菌はカビの一種であるので乾燥には弱く、カンジダ菌は体内のいたる場所で増殖しますが、その中でも女性器周辺が殆どを占めているのはこのカビとしての性質からきています。
カビは湿った暗い場所を好むので、それからすると体内に入り込んでいる女性器は最適の場所とも言えます。
尿道もそれからすると同じなのですが、尿道は尿が体外に排出する時に菌も洗い流してしまうので、あまり発症はしない場所となっています。
性器カンジダ症はコンドームを使わない性行為によって男性にも感染していきますが、男性器は体外に突出していて洗いやすく、ずっと湿っていることも少ないために稀にしか発症しません。
それに感染力は強いのですが治療薬によって比較的早めに治療することもでき、女性に多く発症する疾患ではありますが、適切な処置で確実に対処できる疾患でもあります。

男性のカンジダ症状

カンジダ菌は増殖する場所を選ばないので、女性に多く発症するのですが男性にも性行為で感染します。
ただ男性器は女性器と違って体の外に出ているので洗いやすく、ずっと湿っていることも少ないので、感染しても殆ど発症しません。
ただし絶対に発症しないということはなく、ごく稀にカンジダ症を発症します。
男性には生理がないので、おりものの異常というのはありません。
多いのは亀頭や陰嚢の痒みやただれ、水膨れ、ペニス表面の乾燥によるかさつき、排尿時の痛み、恥垢や白いカスがでるといったもので、悪化すると尿道炎を引き起こしたりします。

男性の場合は固有の変化として判断が難しいため、性病を発症してもそれがカンジダ症なのか、他の性病と発症した状態が似ている場合が多いので区別がつきにくくなっています。
他の性病と似た症状が多いのですがカンジダ症になると発症する症状としては、包皮が赤くなったり僅かな痒みや痛みを感じたりします。
発疹が起きる時もあり、この発疹が酷くなると水膨れにまで発展することもあります。
この痛みや痒さには個人差があり、気にするほどでもない場合もあれば、とても我慢できないほどにきつくなる場合もあります。

また分泌物を生じることもあり、亀頭のあたりが痛くなって湿ったような感じになったりします。
その際に湿り気のある白いカスのようなものが、亀頭や包皮の周辺で見られるようになります。
それが乾燥すると剥がれ落ちてきて、薄皮が剥がれているように見えるかもしれません。

男性のカンジダ症は包茎の人ほど発症しやすくなっています。
それは包皮が亀頭を囲んでいるのでカビが好む高温多湿の状態が生じているのに加え、汚れや雑菌も溜まりやすいので、カンジダ菌の増殖には適した環境となっています。
男性はペニスを常に清潔にすることで感染しても発症を防ぐのが可能であるので、特に包茎の人ほど不潔にならないように日ごろからきれいにしておくことが必要となります。